情報

スマホの画面割れなど対応の傷害総合保険の携行品保険に入った

投稿日:2017-10-16

昨年「Super Value Plus」の携行品損害保険が解約になり新しい保険を探していたところ、「富士火災海上保険の未来スケッチ」という保険がスマホやパソコンの携行品損害保険に対応しているということを知り加入してきました。

土日もやっている保険屋を富士火災に問い合わせしたところ、「保険の窓口」という会社が土日でもやっているということを教えてもらい契約してきました。
1事故あたり、免責金額は3,000円で10万円まで保険で対応しているそうです。
見積書は貰わなかったのですが、夫婦で加入し死亡障害は50千円(5万円)で携行品特約で200千円までにしたら約2,700円でした。
携行品特約を300千円にしたら4,060円でした。
iPhoneの画面のガラスが割れても負担が3,000円なら安いと思います。

下記内容が保険の対象外です。

① 手形その他の有価証券(注1)、印紙、切手
② 預金証書または貯金証書(注2)、クレジットカード、ローンカード、プリペイドカードその他これらに準ずる物
③ 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに準ずる物
④ 船舶(注3)、航空機、自動車等、雪上オートバイ、ゴーカートおよびこれらの付属品
⑤ 自転車、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、ウィンドサーフィン、ラジコン模型およびこれらの付属品
⑥ 義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに準ずる物
⑦ 動物および植物

 

残念ながら自転車は対象外です。

モバイル保険より安く対象の範囲が広いので良いと思います。

詳しくは富士火災海上保険(0120-228-386)もしくは保険取扱店にお問い合せ下さい。

2017/11/11 追記↓
2018年1月より富士火災海上保険とAIUが合併しAIG損保になります。新しい保険会社でも継続になるのか心配で、富士火災海上保険のコールセンターに電話して聞いたところ、AIG損保になっても同じ条件で継続が出来るとのことです。
未来スケッチという名前ではないそうです。







-情報
-,

Copyright© あさま , 2017 All Rights Reserved.