Red5 サーバ

さくらVPSにRed5の環境を構築する

投稿日:

Red5とはオープンソースのソフトです.

簡単な設定でライブ配信等が行なえます.まとめたのでぜひやってみてください。

 



OpenJDK のインストール

Red5 は Java で動作するため Java のインストールが必要です.今回は Open JDK をインストールします.

 
# yum -y install java-1.6.0-openjdk java-1.6.0-openjdk-devel
 

以下のコマンドで Java のバージョンを確認できます。

# java -version
java version "1.6.0_20"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea6 1.9.10) (rhel-1.23.1.9.10.el5_7-x86_64)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 19.0-b09, mixed mode)
<strong> </strong>


Red5 のインストール

今回は Subversion を使わずに、wget でファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたあとは、解凍し、/usr/local/ に移動させます。

$ wget http://trac.red5.org/downloads/0_9/red5-0.9.1.tar.gz
$ tar xvfz red5-0.9.1.tar.gz
# mv red5-0.9.1 red5
# mv red5 /usr/local/

さくら VPS の IP アドレスとポートでブラウザからアクセスし、起動できることを確認します。

http://さくら VPS の IP アドレス:5080/

起動できていない場合は以下のコマンドで実行させてください。

 
/usr/local/red5/sh red5.sh 
 

Red5 の簡単起動・確認ツールのインストール

こちらに起動スクリプトが提供されておりましたので、このファイルを使って Red5 を /etc/init.d/ から起動・停止、また Red5 の状態を確認できるよう設定します.

以下のコマンドでファイルをダウンロードし、/etc/init.d/ に移動させます。

$ wget http://www.sohailriaz.com/downloads/red5.txt
# chmod +x red5.txt
# mv red5.txt /etc/init.d/red5

以下のコマンドで Red5 を起動・停止ができるようになります。

# /etc/init.d/red5 start
# /etc/init.d/red5 stop

また以下のコマンドで Red5 の状態を表示できます。

# /etc/init.d/red5 status
red5 (pid  5336) is running...

Red5 を起動スクリプト管理対象へ追加する
以下のコマンドで Red5 を起動スクリプト管理対象へ追加します。2 つ目のコマンドはその確認表示コマンドです。
# /sbin/chkconfig --add red5
# /sbin/chkcocfig --list red5

ポートを開けるRed5 を扱う際に最低限 開けるポートは以下の 2 つです。

  • 5080 : Red5 の既定ポート番号
  • 1935 : RTMP のポート番号

ポートの設定に関しましては「さくら VPS + CentOS 基本的な設定 」の「ファイアウォールの構築」を参照してください。そこで編集した etc/sysconfig/iptables に以下のように上記のポートを追加します。

# vi /etc/sysconfig/iptables
:
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5080 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 1935 -j ACCEPT

設定を反映させるため iptables を再起動します。

 
# /etc/rc.d/init.d/iptables restart
 

以上で環境構築は終わりです.





-Red5, サーバ
-, ,

Copyright© あさま , 2020 All Rights Reserved.